プランク・ロイドのブログ

プランク・ロイドの徒然

よこはま物語、ヒメと明彦10、恵子・永福と久美子編、ヒメと明彦 XXXXIX

よこはま物語
ヒメと明彦10、恵子・永福と久美子編

ヒメと明彦 XXXXIX
 1977年7月22日(金)
 後藤恵子 Ⅹ


 H飯店で電話をお借りして兵庫県警の斉藤慶子巡査に電話をかけた。幸い在籍していた。昨日、救出された4名の女の子の内、誘拐されてすぐの女の子のことで相談がしたいと慶子に言った。彼女は、今、神戸大学医学部附属病院に収監されているとのこと。強姦の有無、妊娠検査、ヘロインや覚醒剤の後遺症検査を受けているとのことだった。


 病院は神戸駅の近くで、新幹線で来るとすると、タクシーで15分くらいかしら?とのことだった。病院で落ち合う?彼女の管轄は、誘拐事件だから刑事課だけど、それが済めば私のところの交通・少年課の受け持ちになるわ、と言う。わかった、新幹線の時刻を調べて、石川町駅からまた電話するから待っていてと言うと、了解!と慶子が答えた。


 1970年代だ。ネットもスマホもない。新幹線の切符は駅に行って買うしかなかった。私は、みんなに言って、これからすぐ神戸に行きます、と慶子から聞いた佐藤久美子の居場所を説明した。永福、駅に行きましょう、新幹線の切符を買わないと、と永福を急き立てた。


 石川町駅の緑の窓口に駆けていった。新横浜発、10時半のひかりに間に合いそうだった。新神戸着は午後1時。永福の分とチケットを2枚買った。時間もないから、石川町からタクシーで新横浜に行くことにした。切符は新横浜発券にしてもらった。


 駅の公衆電話から慶子に電話した。新神戸駅、1時半着と伝えると、じゃあ、改札口で待ってるわ、と言う。幸い改札口はひとつだけだから行き違いになる心配はない。


 タクシーの車内で、永福にピッタリ寄り添う。火曜日からバタバタしていて、永福と二人きりになることはなかった。永福の右手に手を絡めて胸を押し付けた。右手を永福の腿に置いた。永福はモジモジしている。私の婚約者は、私と付き合った高校3年以来、女の子の経験が止まっているんだ。高校生の頃だったから、まだ、私たちウブだったわね。彼はまだウブだ。私はそれからビッチの道を邁進した。反省しないと。ビッチは止めよう。でも、お触りはいいでしょ?


 右手でイタズラしてやった。腿の付け根に手を動かす。ま!元気になった!ビッチを止めるって言ったけど、永福、可愛い。なぜか、25才の女が高校生の男の子をからかっているみたいになってる。永福は、ソッポを向いて車外を見るふりをしている。


 王さんがハネムーンと言っていたわね?今晩は、神戸のホテルに宿泊?ちょっと変態的なことしてもいいかも?どうせ、私、いろんな男から体を開発されちゃっているんだから、これからは、せっかくのテクニックを永福だけに使うのは悪いことじゃないわ、って、私、淫乱なんだなあ。アソコがジワっとなった。永福も触ってくれてもいいのに?何を遠慮してるのかしら?婚約者なんだから、触り放題じゃない!


 新横浜駅で駅弁を買い込んだ。またまた、シュウマイ弁当、シャケ弁、焼肉弁当を買う。ビールを6缶。良子とファンファンの癖が感染った。永福が、そんなに買うのか?と言う。ええ、昨日も同じ。良子とファンファンの影響です、と答えた。3号車の17E、Dの二人がけの席を選んでおいた。周りは空席だった。席の間の肘掛けを上げた。ベタベタできる!


 早速、駅弁をひろげる。H飯店で話ばかりしていて飲茶はあまりいただけなかった。お腹が空いた。これ、良子とファンファンの大食らいの大酒飲みが感染ったの?シュウマイを箸で取って、ア~ンと永福に食べさせようとする。永福が睨む。


「婚約者が、ア~ンをしようとしているのに、永福!睨んじゃダメ!お口をあけて!」
「俺はこういうのに慣れていないんだよ」
「じゃあ、これからは慣れましょ!私はこういう女なの。ベタベタするのが好きなの!7年間、こういうことができなかったんだから、これからはあなたにベタベタして取り戻すの!」
「レイニー、顔が近い!」
「周りに誰もいないでしょ?いいじゃない?でも、シュウマイ臭い口でキスは迫らないから安心して。ハイ、ア~ン」


 イヤイヤそうなフリをしてシュウマイを食べた。本当はうれしいんでしょ?思いっきり彼の耳元に口を寄せた。私の息が彼の耳にかかる。ビッチのテク。

ヒメと明彦 XXXXIX に続く。